木曽水系より釣果情報が詳細木曽情報まで

《平成13年04月13日更新》

 木曽川漁協のアマゴの成魚放流が決まりました
四月八日に続き、四月二十八日(土曜日)14支部に2.000s放流
詳細は木曽情報をご覧下さい。


 この写真はビデオ渓流賛歌
一部をキャプチャーした物です。


  毎月クラブ員の方の釣果を写真でご紹介いたします。
写真の上でクリックすると大きな画面で見られます

今回の釣果のご紹介は、昨年解禁当初のクラブ会長 中村 さん の釣果です     (小坂川にての釣果) 詳細はここをクリック
小坂川の情報へ

アマゴ、イワナ
管 理 釣り場
Anglars Japan

 当HPは、渓流釣りにのめり込んでいらっしゃる人たちに見ていただくために、このHPを開設いたしました。
 私も三十余年、渓流釣りをして参りました。この間、多くの釣り仲間と友人ができ、
渓流賛歌というクラブを作るに至りました。
 当クラブは全てにおいてオープンであり、自分だけの秘密を持たないユニークなララブとなりました。
 このHPは、
渓流賛歌の皆様方のご協力を得まして、会員個人個人の、その日その日の釣り情報、釣果などを、河川、河川へのルート案内、写真など、ご紹介していきたいと思っています。
 会員の方々に
長年のアイデアを出し合っていただき、制作しました。
 便利な
グッズや、ビデオ、剥製、額などを『一部商品化して販売していますので、この機会にご紹介いたします。
 商品は会員の方や、その友人の方に、格安にて制作してもらい、釣り師の皆様方に、少しでも便利で、良い物を格安にて、ご提供したいと心がけております。
ようこそいらっしゃいました。あなたが
人目のお客様です。
ごゆっくりお楽しみください。


 遙かなる渓の呼び声・・妖精がいざなう囁き・・釣師にはそれが聞こえてくる。
 渓の釣師は、深山幽谷の移ろう四季の自然の中で山気に包まれ、降り注ぐ樹木の精気を浴びながら、目に冴える碧流の渓畔に樹となり石となって、知的な渓の妖精と対峙し、釣趣の妙味に没入し忘我の境心に浸る。
 手にした魚体の天然美に感動を覚える時、渓流釣りという趣味を得ていた身に無上の悦びが湧く。
 渓流の釣り、それは、渓の男のロマンであり美学である。
渓流賛歌会長 中村耽渓     

 このホームページは、渓流釣りの好きな(クラブ渓流賛歌)の皆さまの情報などで構成されております。
 最低でも月1回は情報の更新をさせて頂きますので、宜しくお願いいたします。
 詳しい情報など随時掲載していきます。今回はご紹介できませんでしたが(クラブ渓流賛歌)のメンバーを次回から紹介をさせていただく予定でおります。

お問い合わせ
E-mail:kisohida@mb.takenet.or.jp