■オススメ情報

DNSサーバー変更に伴う、IPアドレスの変更について

インターネットに接続できなくなる障害となりますので、ご注意ください。

 かねてより脆弱性対策のために準備していた新しいDNSサーバーの提供が出来る運びとなりました。 それに伴い旧DNSサーバの運用を2015月5月25日より停止いたします。 5月25日までは、現在のIPアドレスと新しいIPアドレスが両方利用出来る状態での運用となります。

今回のDNSサーバーの更新に伴いIPアドレスが以下のとおり変更となります。
現在お使いのパソコンのTCP/IPの設定で、旧DNSサーバーのアドレス(124.146.193.52,124.146.193.53)を指定されている場合は、 DNSサーバーのIPアドレスを自動的に取得に切り替えるか、新しいDNSサーバーのIPアドレス(153.120.81.118, 153.120.81.119)に設定変更していただきますようお願いいたします。


OP25B対策(迷惑メールの送信防止対策)の実施について

OP25B完全閉塞を実施しました。フレッツ接続サービスをご利用の全てのお客様は、25番ポートでのメール送信は出来ません。

Take-net Serviceでは、迷惑メール対策の強化とて、迷惑メールの発信を規制する「25番ポートブロック(「Outbound Port25 Blocking:以下OP25B)」対応を行っています。

OP25Bを実施することにより、メールサーバーに対し直接配信される迷惑メールを制限することができます。

 

OP25B (アウトバウンドポート25ブロック) の影響を受けた場合の対策の1つに 、「Submission(サブミッション)ポート」と呼ばれる587番ポート使用する方法があります。

具体的には、初期設定時の25番ポートではなく、サブミッションポートである587番ポートを送信用のポートとして使用することで、メールの送信を可能にします。

 

 

OP25B対策の影響でメールの送信ができない場合の設定方法

お使いのメールソフトの送信ポートの設定を変更しないと、メールが送信できなくなります。

以下の手順でメールソフトの設定変更をお願いします。(Windows Live Mailの例)


Take-net サーバーリニューアル工事に伴う、重要なお知らせ(2008/1/1)

2008年1月31日以降、お客様の機器での設定変更が必要となる場合がございます。


メールが送信できなくなった場合も、こちらをご覧ください