Food For Thoughts

Learning Services

December 99 News Letter


 落ち葉が舞いすっかり冬らしくなって参りました。お元気にお過ごしですか?フランソワ先生は、Food Talk クラスも軌道にのり、お忙しい毎日をお過ごしです。最近は、町外に出掛ける事が多く、自宅でのクラスが数えるほどになってきました。皆さん、日中は働きにでられる人がほとんどで、グループクラスも定期的には、出来ない状況です。私自身も休みは家事で手いっぱい、自分の時間を持つ余裕はまったくありません。主婦が自分の為に楽しむ時間を持つのは、本当に大変ですね。  先日、ある病院の新築祝いのパーテイーに行って来ました。バイキングスタイルに用意したフランソワ先生のお料理を好きなようにみなさんめしあがりました。飲み物も、ビールにワイン、ウイスキー、コーヒー、数種類のハーブテイー、ホストがいろいろ用意してみえました。ワイワイガヤガヤ好きなようにグループでおしゃべりして、いくら時間があってもたらないほど和気あいあいな雰囲気でした。30人近い人数なので、いろいろな職種の方が集まってみえます。お話もいろいろで、とても楽しそうでした。最近は、行事や集まりがやたら多いのですが、半ば強制的なものが多くて、かえって疲れてしまいます。知らない人と出会い、新しい知識を得たり、ゆったりと話す時間を持つ事で、また新しい自分を発見できるかもしれませんね。年末年始は、楽しい忘年会新年会をもてるといいですね。師走の入ります、気持ちは焦りますが、事故などありませんように、お体を大切に。                               

向みさき

Let's have a Party..... I like to prepare Parties.... This is one of the most enjoyable thing I like to do in life. Cook food and look at people's face open up with delight and coming back, coming back!!! But sometimes I am sad on party time. Some people are not careful, they drink too much so they become loud and obnoxious. The worst: they drive their car going home, itユs so dangerous.. So have fun but be careful!     

       Francois


Halloween Time !!!

Uncle Francois went to nice Hallowen Parties in Nakatsugawa and Nagoya,

where he baked good Gingerbread Cookies

How about a Yummy Hallowen Party next year for all the F.F.T.'s Children !


何故英会話を勉強するの?

 早いもので、もう12月のニュースレターを出さなければならなく なりました。後数十日で、2000年がやって来るわけです。流れるよ うに過ぎていく毎日に、あたふたとしています。さて、Martin先生は 新しいiMacを家に迎え、その機能の良さに大満足!ますますお仕事も 早く進み、ニューアイデイアもぞくぞくの様子です。 Francois先生は 今月新築祝いのパーテイーや英会話教室のハロウイーンパーテイ、御嵩 の保育園クラスなど盛り沢山で、美しい紅葉を楽しむ時間がなくて残 念そうです。  昨日、私は日本児童英語学会の秋季研修大会に行って参りました。 朝から夕方まで、びっしり講演やシンポジウムが続き、さすがに今日 は腰が痛いのですが、すばらしい講演や研究発表をいくつも聞く事が 出来ました。(小学校英語について、現状やこれからの提言がありま した。ここでの情報は、改めてクリスマスパーテイーでゆっくりお話 します。)会の最後に、これは全体を通しても大きな軸になっていた のですが......根本的に「今、何故子供達が英語を学ばねばならないの か」をはっきりしなければならないという話しがでました。教師側か ら言えば「どうして教えるのか」がしっかり定まって、それにそった 教育内容でなければければ、子供達に意味がないというわけです。 発表をされたある先生は、「僕は、英語を通じて、子供達のかべに小 さな穴をあけたい、沢山の小さな穴をのぞくことでそれぞれの子供達 の興味を引き出したい」と言ってみえました。この先生は、とても熱 心に、英語を小学校の各教科と結び付けた総合的な内容で教えてみえ ました。  さて、では親はどうでしょう?私の子供も2人とも英語を習ってい ます。何故?.....そして何故F.F.T.で子供達は学んでいるのでしょう? もう一度考えてみて頂けませんか?どんどん流れていくような日々の 中で、初心に戻る事は時には大切です。そして、そこから見えなかっ たものが見えてきたり、ワンランクアップしたりするものです。 日本の英語教育も、どうもそういう時代にきているようです。クリス マスパーテイーでは、是非どう御考えになったか聞かせて頂きたいと 思います。ではまた、12月5日楽しみにしています。

                       向 みさき


Match the animal and the sound!

1. Bark

2. Meows

3. Chirp

4. Croak

5. Cluck

6. Squeak

7. Grunt

8. Roar

9. Buzz

10. Quack

a. Mouse

b. Dog

c. Frog

d. Duck

e. Pig

f. Cat

g. Lion

h. Bee

i. Bird

j. Chicken


A bit of Grammar:

The formation of adverbs with ly

Many adverbs of manner and some adverbs of degree are formed by adding ly to the corresponding adjectives:

final, finally... immediate, immediataly ...slow, slowly

Spelling notes

(a) A final y changes to i: happy, happily.

(b) A final e is retained before ly: extreme, extremely.

Exceptions:

true, due, whole become truly, duly, wholly.

(c) Adjectives ending in a consonant + le drop the e and add y:

gentle, gently ..... simple, simply

Note that the adverb of good is well.


Answer to the animals sounds: 6-a 1-b 4-c 10-d 7-e 2-f 8-g 9-h 3-i 5-j


Previous   Back    Next