直線上に配置

エクセルのカスタマイズ


Q1.アドインの方法

  アドインとはなんですか?


 アドインとはExcel にコマンドや関数を追加するために、各種コンポーネント類を組み込む事をいいます。コンポーネントでよく使用されるのは「自動保存」「Lookupウィザード」「分析ツール」「条件付き合計式ウィザード」「郵便番号変換ウィザード」「Microsoft AccessLinks」などがあります。
 また、いろいろな所からエクセルに付加機能を与える拡張ソフトとしてアドイン・プログラム(コンポーネント類)が有料・無料にて提供されています。

 エクセルの初期設定では、ソフト的に重くならないようにこれらの機能は組み込まれておらず、必要に応じてユーザーが自分で組み込む必要があります。
 特に統計で必要とされる関数の多くは「分析ツール」を組み込まないと使えませんので「分析ツール」必ず組み込んでください。
アドインを組み込む方法は、
(1)メニューの [ツール(T)]→[アドイン(I)] をクリックします。
(2)[アドイン] ボックスの、登録するアドイン名[希望するコンポーネント]のチェックボックスをオンにし[OK]を押します。
(3)[OK]をクリックします。
これで、希望するコンポーネントをエクセルで使うことが出来るようになります。組み込まれた機能はそれぞれのメニューバーから呼び出して使うことができます。
 上記コンポーネント類は通常インストール時にコピーされていることが多いのですが、見あたらない場合にはインストールしたCDから再度インストールしてください。

直線上に配置


     目次へ    次のページへ