直線上に配置

エクセルのカスタマイズ


Q2.ツールバーに様々なボタンを追加・削除する

 ほかの人のエクセルを見るとツールバーのボタンが全然ちがいます。あれはどうやって変えるのですか?


 エクセルでいろいろなコマンドを指定する時、メニュー欄から選択し、コマンドを指定して実行させますが、よく使うコマンドはツールバーに登録しておけば1クリックで起動できます。また、必要でないコマンドは削除(ツールバーの中だけ)でき、スッキリさせることもできます。
エクセルのメイン画面での各名称の呼び方を示します。


ツールバーは上段下段どちらも配置可能です。ちなみに私は両方に配置しており、以下のような構成を作っています。

ツールバーに様々なボタンを追加・削除するには次のように行います。

  1. メニューバーから「表示(V)」→「ツールバー(T)」を選びます。
     ここで、標準から図形描写まで(表作成は私が勝手に作ったものです)並んでいますが、代表的なツールバーを示しています。ここでは更にこれらの詳細を表示させるため、「ユーザー設定(C)」を選びます。
    これはツールバーの左右の空きの部分を右クリックしても呼び出せます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
  2. ここのツールバーで示されている部分が詳細なツールバー類です。ツールバーだけを追加したい場合はここでチェックを入れます。
    ここでは、コマンドボタンを追加したいので「コマンド」を選びます。                                                                                                                                                                                                                                                                            
  3. 分類の中はメニューバと同じ項目ですが、コマンド欄をみるとメニューバーをクリックしたときに見られるよりも多くのコマンドが用意されています。今、仮に追加したいコマンドを「編集」内にある「形式選択貼付」とします。

    分類(G)」→「編集」を選ぶと「編集」の中から追加可能なコマンド類が右のコマンド枠の中に表示されます。
    この中から“形式を選択して貼り付け”を選び、クリックしたままメイン画面のコマンドメニューの追加したい位置までドラッグします。                                                                                                                                                                                                  
  4. これで、希望するコマンドボタンが追加されます。更に追加したいボタンがあれば、このまま続けます。

  5. 「閉じる」を押して終了させます。
コマンドボタンを移動したり、削除する場合は(1)で行ったように「ユーザー設定(C)」を表示させます。
この状態でコマンドボタンの移動が可能です。削除する場合は欄外にドラッグするだけで削除されます。
コマンドは同じものをいくらでも配置出来ますので、私はピボットテーブルの欄に“コピーボタン”を追加して入れていますし“塗りつぶしの色”を上下の欄に配置しています

直線上に配置


  目次へ    次のページへ