直線上に配置

日付・時間の計算


Q18 8桁の数値を日付データに変換する

システムからデータ日付を取り出すと日付が”20010228”とでてきます。
これを”2001/2/28”に変換できないでしょうか?

前述と同じように2001を年に、02を月に、28を日付として認識させることをこんどは関数を使用してyyyy/mm/ddの日付に変換する場合を紹介します。
 DATEVALUE関数、LEFT関数、MID関数、RIGHT関数、&(CONCATENATE関数)を使います。

セルB1に、
=DATEVALUE(LEFT(A1,4)&"/"&MID(A1,5,2)&"/"&RIGHT(A1,2))
と入力します。


DATEVALUE関数
 形式:DATEVALUE(日付文字列)
 意味:日付を表す文字列をシリアル値に変換します。

LEFT関数
 形式:LEFT(文字列,文字数)
 意味:文字列の先頭から指定された数の文字を返します。

MID関数
 形式:MID(文字列,開始位置,文字数)
 意味:文字列の任意の位置から指定された数の文字を返します。

RIGHT関数
 書式:RIGHT(文字列,文字数)
 意味:文字列の末尾から指定された数の文字を返します。

CONCATENATE関数
 書式:CONCATENATE(文字列)
 意味:複数の文字列をまとめます。
 「&」はCONCATENATE関数の代用です。
 関数名を指定するかわりに「&」を使用することができます。

 上記の関数を入力した結果は「シリアル値」で表示されます。
 EXCELでは日付や時刻は全てシリアル値で管理し、計算できるようになっていますので、日付の表示に変更するには、次の手順で行います。

(1)メニューの[書式(O)]→[セル(E)]をクリックします。
(2)[表示形式]タブ
 ・分類(C) 日付
 ・種類(T) yyyy/mm/dd の種類を選択
(3)[OK]をクリックします。

直線上に配置


     目次へ   次のページへ