直線上に配置

セル


Q37 #N/A を表示しない方法

 
VLOOKUPの式を入力した場合に、検索するセルが空白だと、結果に#N/Aが表示されてしまいます。
 例えば、列Aに入力されたら、列Bに結果が表示されるようにしたいのですが、#N/Aがたくさん表示されると見苦しいので、#N/Aを表示しないようにできないものでしょうか?



数式の結果が #N/A であるかをチェックする、ISNA 関数(後述)を利用する方法もありますが、セルが空白であるかをチェックして、空白でなければ VLOOKUP 関数を実行するという方法が一般的ですのでこれを紹介します。

 今、セルA2を入力するセルまた、VLOOKUPの参照範囲はセルH2からK5としています。
次の式を、セルB2に入力して下さい。

 = IF(A1="","",VLOOKUP(A1,$H$2:$K$5,3,))

 「セル A1 が空白であれば、空白を表示する。(""が空白を意味しています)そうでなければ VLOOKUP 関数を実行する」という意味の IF 関数です。これをセル B2以降にコピーして下さい。IF 関数はこのようにIF 関数の中に他の関数がネストされるような使われ方が非常に多いので、この方法はぜひ覚えておいてください。


直線上に配置


     目次へ   次のページへ