直線上に配置

集計

◎加える


Q48 複数の計算を一度に行なう(配列数式)

例えば次の表において、


という表を作り、セルC100に1月の合計金額、セルD100に2月の合計金額を算出しますが、数式が
=($B2*C2) + ($B3*C3) + ・・・・
のように長くなってしまいます。何か良い方法はないでしょうか?

通常商品毎に各月の金額を求めてから、それらを合計する方法がもっとも一般的です。
しかし、商品毎の各月金額を求めるための計算用の作業列が必要になります。1月から12月であれば、新たに12列を計算用として用意することになります。
この計算用の列を必要とせず、一つの数式のみで合計金額を求めるには、「配列数式」または、SUMPRODUCT関数を使います。ここでは「配列数式」で説明します。

 行99まで「商品名」「単価」「1月数量」「2月数量」が入力されているとします。
セルC100に
=SUM($B$2:$B$99*$C$2:$C$99)
と入力し、[Ctrl]キーと[Shift]キーを押しながら[Enter]キーを押します。
数式が
{=SUM($B$2:$B$99*$C$2:$C$99)}
{ }で囲まれた形となり、セルC100には行2から単価と数量を掛け合わせた行99までの合計値が表示されます。
この{ }で囲まれた数式を配列数式と呼びます。
 配列数式は、複数の計算を同時に行い、一つの結果を求めることができます。この例の場合では商品毎に
 単価*数量
を計算し、SUM関数でそれらの合計を求めています。

直線上に配置


     目次へ   次のページへ