直線上に配置

集計

◎並べる


Q56 数値の並べ替えがうまく行なわれない
 金額の高い順に並べ替えをしたいのですが、きちんと並び替えされません。どうも桁数にかかわらず頭の2桁しか読んでいないように見えます。
(例9890と990では、990のほうが上位になる。)

実際並び替えるとこんな順になります。



2桁で認識されているわけではなく、数字が単なる文字として並び替えられています。(9950を九九五零と認識しているようなもの)数字として認識されれば、正しく並び替えることができます。
 文字と認識されている数字を、数字として認識させるには、先にVALUE関数を利用する方法を紹介しましたが、大量にある場合は演算貼り付けを行う方法が便利です。
演算貼り付けについては“加える”項の「一度に一定の数を足し込む方法」を参照してください。

 どこでもよいので、邪魔にならないセルに、
0
と入力し、メニューの[編集(E)→[コピー(C)]を選択し、コピーをとります。
 並び替えを行う数値のセルを範囲選択し、メニューの[編集(E)]の形式を選択して[貼り付け(S)]を選択し、[加算(D)]を選んでから、[OK]を押します。
つまり0を加える計算をおこないます。
これはエクセルが演算を行う際の自動認識をうまく利用した方法です。
 数値として認識されれば、数値の大きさで並び替えを行います。

直線上に配置


     目次へ   次のページへ