直線上に配置

集計

◎調べる


Q67 指定の文字列の有無を判定する
A列のセルに「肥満」又は「ひまん」という文字列があれば、右隣のB列に「◎」と表示し、なければ「×」と表示することはできるのでしょうか?




 ある文字列が含まれているかどうかを調べるには、FIND関数を利用します。この時、指定した文字列が含まれていない場合、#VALUE!エラーを返すため、ISERR関数とIF関数を組み合わせることで、「肥満」も「ひまん」も見つからない場合は「×」と表示する事ができます。

 セルB1は

=IF( ISERR( FIND("肥満",A1) ) * ISERR( FIND("ひまん",A1) ),"×","◎")と入力します。

@FIND("文字",A1)でセルA1に「肥満」があるかどうかを判定しています。ない場合、
 #VALUE!が返されます。
AISERR関数で#VALUE!の場合(ない場合)「TRUE」を返すようにします。
B同様に「ひまん」も判定します。
C*(アスタリスク)は「かつ、AND」を示し、両方とも「TRUE」の場合「TRUE」が帰り
 ます。
D「TRUE」の場合は「×」と表示。それ以外の場合は「◎」と表示させています。

FIND関数

 書式:FIND(検索文字列,検索される文字列,開始位置)
 意味:「検索される文字列」内を「検索文字列」で検索し、見つかった場合、最初の
    文字列位置を数値で返し、見つからなかった場合は、#VALUE!エラーを返しま
    す。開始位置は省略可。

ISERR関数

 意味:検査対象セルがエラーかどうかを判定します。エラー時はTRUE、エラーでな
   い時はFALSEを返します。
 書式:ISERR(検査対象セル)

直線上に配置


     目次へ   次のページへ