直線上に配置

集計

◎変換する


Q68 郵便番号変換ウィザード
住所から郵便番号を一発変換できますか?また、その逆はどうでしょうか?


EXCELの郵便番号変換ウィザードで、住所から郵便番号、郵便番号から住所双方向の変換ができます。

 郵便番号変換ウィザードは、アドイン プログラムです。

この機能はEXCELの初期設定にはないので、アドインで組み込む必要があります。
メニューの [ツール(T)]→[ウィザード(W)]のサブメニューに [郵便番号変換(Z)]コマンドが表示されない場合は、Microsoft Webページからアドインプログラムをダウンロード組み込むことができます。

インストール後、
 (1)メニューの [ツール(T)]→[アドイン(I)] をクリックします。
 (2)[アドイン] ボックスの、登録するアドイン名[郵便番号変換ウィザード] の
   チェックボックスをオンにします。
 (3)[OK]をクリックします。



それでは、郵便番号変換ウィザードの指示に従って操作をしましょう。
メニューの[ツール(T)]→[ウィザード(W)]→[郵便番号変換(Z)]をクリックしウィザードを呼びだします。


【住所から郵便番号に変換する】

 (1)郵便番号変換ウィザードステップ−1/2で[住所から郵便番号を生成する(Z)]
   にチェックをいれて[次へ>]をクリックします。



 (2)住所データのセル範囲(S)で住所が入力されているセルを選択します。



(3)郵便番号を出力するセル範囲(D)で郵便番号を表示させたいセルを選択します。



(4)[完了(F)]をクリックして終了です。



【郵便番号から住所に変換する】

(1)郵便番号変換ウィザードステップ−1/2で[郵便番号から住所を生成する(A)]
   にチェックをいれて[次へ>]をクリックします。



 (2)郵便番号データのセル範囲(S)で郵便番号が入力されているセルを選択します。

 (3)住所を出力するセル範囲(D)で住所表示させたいセルを選択します。



(4)[完了(F)]をクリックして終了します。



 この機能は便利ですが、番地・マンション名等の詳細は表示されませんのでご自分で追加入力する必要があります。

直線上に配置


     目次へ   次のページへ