神仏礼拝
神棚の祀り方
神棚を設ける場所
御神札の納め方
荒神様(三宝荒神)
礼拝作法・お供え
神棚を選ぶ
神棚の種類
新しく神棚を祀る
神棚を焼納する
INFO
神棚FAQ
ご購入について
神棚の材「木曽桧」
トップへ


神棚の材「木曽桧」

木曽ひのき(官材)で造るこだわり
外宮・神棚を木曽ひのき(官材)で造るのにはこだわりがある。
木曽ひのきとは「木曽山系に自生する天然のひのきの事である」この地域は冬の寒さの厳しい地域であり、その厳しさが良質の材を育てる源である。厳しい冬の寒さの為、年輪は細かくびっしりとつまり、しかも幕府の御用地であった事から容易に伐採する事を禁じられていた為、樹齢300年を超える木が育ったのである。
特に木曽ひのきは油分が多く独特な光沢と香りを持ち、柾目でみる美しさには歴史的かつ美的感動すら覚える。油分が多いため木のもつヤニが表面に浮くことが多いが、このヤニこそ長い時代を生きてきたねばり強い木曽ひのきの証なのである。

天然木木曽ひのき(官材)
天然木曽ヒノキ
  樹齢約350年(径50cm)
ヒノキ
植林ひのき(民材)
  樹齢約50〜60年(径約30cm)

木曽ひのきは年月が過ぎ焼けた色の方が味があると言われるのもこの木材ならではのすばらしい特徴だ。それ故に伊勢神宮の20年に1度の遷宮の折には木曽ひのきが使われる。だから木曽ひのきで神棚を造る意義は大きい。また、ひのきの名の由来は今でも神事の火をこの木を使っておこすように「火の木」から来たと言われている。その名の由来通り、神事にひのきは切り離せない深く長い関係にある。
祠を木曽ひのきでつくるこだわり、それは神に一番近い木であるからだ。

木曽ひのきの激減
天然木である木曽ひのきは資源量が少なく、計画的に収穫量をおさえているものの激減しているのは事実である。産出量が少ないだけに今は大切に使っていきたい木材であり、その商品も大切に使って頂けることを願っている。

(C)copy right HAYAKAWA Inc.all right reserved.