神仏礼拝
神棚の祀り方
神棚を設ける場所
御神札の納め方
荒神様(三宝荒神)
礼拝作法・お供え
神棚を選ぶ
神棚の種類
新しく神棚を祀る
神棚を焼納する
INFO
神棚FAQ
ご購入について
神棚の材「木曽桧」
トップへ


焼納祭
古祠焼納祭
 
御神木の里として知られる中津川市付知町にある護山神社では、毎年5月3日に古祠焼納祭例祭が取り行われます。
地元はじめ全国から寄せられた古い神棚をお祓いし、焼納する神事です。この神事では、宮司が焼納した灰を土に返し樹木の再生を祈る『清灰奉還(きよめばいほうかん)』というというめずらしい儀式が行われ、自然のリサイクルを取り入れたこのような神事は全国でも希少な神事です。
この護山神社は伊勢神宮の遷宮の折に御神木を奉納する神社でもあり、神棚が故郷に帰り焼納されることは誠に感慨深いものと言えます。
尚、焼納は神棚に限らず御礼、お守、神具等神事に使われていたものは受け付けてくれます。
ここは御神木の里
護山神社の境内
200を超える神棚が全国から集まりました。
神事の始まり。
古い神棚と社へ感謝の意をこめ、祝詞奏上。
いよいよ、お焚上げの始まりです
大役を果たした多くの祠、ありがとう。
今年の夏も無事乗り切ることができますよう、参拝者の安全を祈願し、今年の古祠焼納祭は無事終了です。

トップへ
清灰奉還 (きよめばらいほうかん)焼納した灰を土に返し樹木の再生を祈ります。

(C)copy right HAYAKAWA Inc.all right reserved.