つけち木工の会 が地元付知町の小学校へ学童机と椅子を納めました





平成12年度から木工品の産地である付知町の小学校でへ、地元の桧を使った机と椅子を納めさせて頂くことになりました。
私達「木工の会」では11年9月に付知町長宛に以下の要望書を提出しました。


要望書
当町の主要産業は木材産業であると私達は自負しいてます。小中学校での社会教育の1つとして地場産業の視察、体験授業もあると思います。私達、木工業界では昔ながらの伝統を継承しつつ、近代技術も取り入れ現在のニーズに沿った物造りを行って生活をしています。今般、小中学校の学校での学習机・椅子を「木材の町・職人の町」を子供達の肌に触れて育ってほしい、それがひいては、私達の後継者作り、又、将来の付知町の活性化につながると考え要望致します。

教育委員会が要望を取り上げて頂き毎年一学年ずつ小学校に導入が決まりました。小学校・教育委員会・木工の会3者で数回打合せを重ね試作を行い出来あがった物です。

納入日 納入先 納入台数
2000年8月20日 付知町立北小学校・同南小学校 92台
2001年8月23日 同上 78台
2002年2月16日 同上 83台
2002年8月19日 同上 70台


学童机と椅子を納めた様子が、新聞等に載りました
中日新聞(2000年8月)
恵峰ホームニュース(2001年7月)


詳しいお問い合わせは 付知町商工会「木工の会」
TEL 0573-82-3884
FAX 0573-82-2279
Email t-mokkou@takenet.or.jp


戻る / TOP